鮫肝油の成分

カプセルと錠剤

上がっていると心配ですね。ldlコレステロール数値が高い方は生活習慣病になりやすいです。どういう風に下げるのか知りましょう。

深海で生活する鮫のパワーにはこれまでも大きな関心が寄せられてきました。最近ではこうした鮫の様々な部分から抽出した成分が注目されています。例えば鮫の肝臓からとれる鮫肝油と呼ばれる成分です。この成分には抗がん作用を始め悪玉コレステロールを抑えるなどの数多くの効能があるとされています。そのため、この鮫肝油を使用したサプリメントが現在では発売されているのです。鮫肝油と共に有名な鮫由来の成分としては、鮫の軟骨から抽出したコンドロイチンが挙げられます。このコンドロイチンを使用したサプリメントは現在日本でも多く発売されており、関節や軟骨のダメージを和らげるために役立っているのです。このコンドロイチンにも鮫肝油と同様にがんの働きを抑制する作用があります。

最近発売されている鮫肝油のサプリメントの場合には、比較的リーズナブルな価格で購入することが可能です。1カ月分が約2000円台といった商品が多く、初めてトライする場合にも余り抵抗感を感じないで済みます。鮫の肝臓の比重は全体重の約4分の1ほどを占めますので、鮫肝油は比較的入手しやすい成分と考えられます。一方、コンドロイチンを使用したサプリメントの場合には、若干割高です。安いものでは1カ月が3000円程度ですが、抽出部分にこだわった商品の場合には、1カ月分で6000円から10000円といった価格帯の商品も珍しくありません。一般的に素材の入手しやすさによって、こうした商品の価格は変わってくる傾向があります。

注目の記事